ジェネリックはかなり安い|オトコの下半身に活力をもたらすシアリスジェネリック

ジェネリックはかなり安い

medicine

ゼロからある薬を開発するとき、製薬メーカーは研究に研究を重ねます。
ある有効な成分を発見したと思ってもそれがゴールではありません。薬としてきちんと役立つように改良し、実験に実験を重ねて実現可能なところまで持っていきます。研究、実験……その開発過程には数年、あるいは数十年かかるということも珍しくありません。
というわけで、そこには時間も資金も人員も、かなりのコストがかかるわけです。
シアリスも、そのような多大な開発コストをかけて開発された医薬品です……といっても、この薬の場合は開発までに何十年もかかったわけではありませんが。
しかしコストに見合うだけの利益は得なければならぬということで、シアリスはそれなりの値段がつけられて販売されています……。
たとえば、勃起不全薬を扱っている通信販売のWebサイトを見てみると、シアリスは1錠が1400~1500円ほどの値段で販売されています。

一方、さまざまな製薬メーカーが販売しているシアリスジェネリックは、シアリス1400~1500円に比べると破格ともいえる安さです。メーカーによっては1錠300円で販売しているというところもあります。誤植ではありません。4分の1以下の値段で販売されているということなのです。
なぜ、こんな「価格破壊」的なことが行われているのでしょうか?

原理は簡単で、シアリスジェネリックなどのジェネリック医薬品は、先発医薬品に比べると開発コストがかなり安くつくからなのです。
もとからあるシアリスという薬をもとにして作るわけですからゼロからの研究、実験といった過程をまるまる省くことができます……というわけで、その分安い値段で販売しても、充分に利益を獲得することができるのです。