タダラフィルの効果|オトコの下半身に活力をもたらすシアリスジェネリック

タダラフィルの効果

curative

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、ある薬が先発医薬品として開発されて好評を博したとき、その薬の成分を使って別の製薬メーカーが作る薬のことをいいます。あとから発売されるため、後発医薬品と呼ばれているわけです。
シアリスジェネリックも、シアリスという先発医薬品をもとにした後発医薬品として世に出ており、その種類は多種多様です。シアリスジェネリックがシアリスから引き継いでいる成分とはタダラフィルであり、これはこの薬の中核をなしています。男性の下半身で年齢とともに低下する勃起機能や排尿機能を助ける働きを持っています。

ただし、排尿機能を助ける働きのほうはいわば「副次的」なもので、本来のタダラフィルの働きは、勃起不全を改善させることにあります。
男性のペニスは年齢を重ねると血管が収縮し、積み重なったストレスなどが原因となって酵素の働きが不安定になります。血管が収縮すると、勃起のときに血液が思うように集まりません。血液が大量に注ぎ込まれることによってペニスは大きく固くなるのですが、血管の収縮でそれが妨げられてしまうのです。さらに、酵素の中でもペニスを通常サイズに保つ働きがあるPDE5が暴走し、これから勃起、というときになってもペニスを通常サイズのままにしてしまうという現象が起こります。
このような条件が重なって勃起不全になってしまうのですが、シアリスジェネリックに含まれるタダラフィルはPDE5の働きを阻害し、血管の膨張をサポートすることで、不全になる条件をクリアさせてくれます。こうして、薬を飲むことで勃起不全を解消できるのです。

ちなみに排尿機能については、血管膨張のサポートによって下半身の血の巡りがよくなることによって、下半身全体が排泄活動を活発化させることによって得られる効果です。